真田丸 第14回「大坂」 感想

   

家康の宿老石川数正が豊臣側に出奔してしまいます。石川数正は大河ドラマ「徳川家康」では、徳川と豊臣の間で悩み苦しみ出奔の道を選んでいました。その姿はせつなく、かっこよかったですが、今回の真田丸での描かれ方は、出奔を後悔したり真田信尹のせいにしたりと少し頼りない印象でした。

もう少しかっこよく描いてほしかったと旦那様が残念そうでした。

加藤清正にも威厳がないと嘆いていました。清正は長身で頭がいいと言われていますが、今回は廊下で寝たりしてイメージと違っていたようです。

嫁はきりと信繁のやりとりがおもしろかったです。

夫婦漫才のようなかけあいでした。きりと信繁の今後が楽しみです。

終わり

 

 

 

広告

 - 真田丸