真田丸 第18回「上洛」感想

      2016/05/10

今回は父、昌幸に感情移入してしまう回でした。

戦国武将としてばりばりに活躍した昌幸、

強大な敵も討ち果たし自分の采配に自信を持っていたのに

大阪に行くと秀吉の圧倒的な権力とその場の空気に飲まれてしまい

自信をなくした昌幸が見ていてつらかったです。

「わしはどこで間違った、教えてくれ」という昌幸のセリフが

いたたまれなかったです。

これは、現代のサラリーマンにも通じる部分なのでしょう。

「信じることをやっていても見てもらえず評価されない時がある」と

つぶやく旦那様。旦那様にも何かあったのでしょう。

でもお姉さん(松)と真田家が再会する場面は感動的でした。

そして家族が話す松との思い出話がおもしろかったですね。

いつの時代も心の支えになってくれるのは家族なんだなあと思いました。

敵対していた徳川家の与力大名として生きていかなければ

ならなくなった真田家は、これから幾多の困難を乗り越えていけません。

がんばれ真田家!

旦那様もがんばれ!

終わり

 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

広告

 - 真田丸