真田丸 第23回「攻略」感想

   

ついに北条(小田原)攻めが始まりました。

北条氏のほかにも秀吉へ従う意志を示していなかったのは陸奥の伊達政宗がいます。

北条氏は伊達が北条方につくという考えでしたが、伊達政宗は死に装束で秀吉へ謁見します。

ついに北条氏は孤立してしまいました。

そのような状況でも北条氏政はなかなか降伏の意志を示さないため秀吉は納得しません。

 

北条氏の陣地にある「のぼうの城」でも有名になった忍城(おしじょう)を攻める石田三成でしたが、

苦戦します。

ここで三成の戦下手が定着します。

 

徳川家康により小田原に乗り込み氏政を説得するように言われる信繁。

信繁は小田原城に行きましたが、降伏に反対する兵士たちに襲われます。

信繁は説得できるのでしょうか?

 

ところで、以前の大河ドラマで黒田官兵衛も秀吉に命令されて

小田原城に説得に乗り込んだシーンがありました。

 

記録が少ないので事実とは異なる部分があると思いますが、

どちらも命がけの説得ですね。

これは大変です。

終わり

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

 

 

広告

 - 真田丸