真田丸 第25回「別離」感想

   

千利休が切腹を命じられました。

大徳寺の三門に利休の像を寄進したためとされます。

ドラマでは茶々が進めたことになっていました。

そして秀吉は一人息子の「鶴松」を亡くしてしまいます。

秀吉は鶴松を亡くして落胆します。

利休と鶴松の死に茶々が関わっているので「不幸を呼ぶ女」と言われていますね。

信幸は三谷脚本にぴったりのキャラクター

ドラマでは信幸(大泉洋)が3枚目キャラです。

稲姫(吉田羊)とのやり取りが面白いです。

吉田羊の冷たい表情と大泉洋の3枚目キャラが夫婦漫才のようです。

治世で力を発揮する信幸です。活躍にはもうちょっとかかりそうです。

秀吉の暴挙が止まらない

そして跡継ぎを諦めた秀吉は朝鮮出兵の前に甥の秀次に関白を譲ります。

しかし、次の息子「秀頼」が誕生します。

秀次は秀吉に出家させられ、最終的に切腹を命じられます。

秀吉、やりたい放題ですね。

まだ世の中は落ち着かないようです。

終わり
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

広告

 - 真田丸