作り置き

      2016/10/29

「作り置き」最近気になる言葉です。

というのも、仕事から帰って食事を作る気分にならないことが

最近よくあったから。

昔、とても忙しかった時期は時々コンビニで買ったり、お弁当屋さんで買ったりもしていましたが、

夜ごはんを自分で作らずに買ったものが続くと嫁は「もやっ」とした気持ちになるんです。

ここ最近はそこまで遅くなる日はないのですが、どうしても遅くなってしまう日は月に何度かあります。

そうでなくとも、気分が落ち込んだ時やいらいらしている時など

作る気がしない時は、旦那様を誘って近くのファミレスに行って食べるか、お弁当屋さんで買うことになります。

旦那様は栄養は全く気にしていません。食べられれば何でもいいという人なので、

コンビニやファミレスのボリューム満点がっつり系のメニューがうれしいと言います。

食事はバランス良くっていうけど

嫁が「もやっ」としてしまうのは、母親が料理好きで、

「トマトは前立腺にいいから男性は毎日食べたほうがいいのよ~」とか

「こんにゃくはお腹を掃除してくれるのよ~」とか

「コレステロールが高くなるから卵は1日1個よ」とか

こまごま自前の知識を入れられて育った環境が影響しているのかもしれません。

結局のところ「必要な栄養素をバランス良く食べて取る」これができればいいのでしょう。

そして「朝食・昼食は時間かけられないから夕食は丁寧に作って栄養取らないといけない」というこだわりが嫁を苦しめています。

そこまで気が回らない

わかっちゃいるけど、やる気が起きないときはすべて手作りの栄養満点の食事を

作るなんて無理です。

そうなるとコンビニで少しでも栄養に気を使ったものを買う、嫁はさらに

「もやっ」としてしまうのです。コンビニで栄養のあるものを買うと

メインとサラダを買うことになってすぐに2人で1,000円くらいしてしまうのです。

そして最も栄養のある緑黄色野菜のメニューがコンビニにほとんどないのです。

貧乏性な嫁にはあまり栄養のない料理に出費まで重なりダブルパンチの状況です。

作り置きってどうなの

img_0050

平日の副菜作り置き↑

img_0051

お弁当の作り置き↑

そんな嫁ですが、「作り置き」はあまりしたことがありませんでした。

でも最近、本やネットで見かけるようになって気になってました。

「栄養を取る」という目的のためだったら休みの日でも頑張ることができました。

平日には副菜まで作る余裕はないので副菜を中心に作ってみました。

今週平日はこれにメインを追加する感じで作っています。

何となく、作り置きがあるので気持ちに余裕があります。

続くかどうかわからないですが、効果があれば今後もやってみようと思ってます。

終わり
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

広告

 - 夫婦の食卓