真田丸 最終回感想

   

ついに「真田丸」が終わってしまいました。

旦那様は放心状態です。

 

信繁は最後まで勝利を信じ天王寺に向かいます。

大坂方優位に戦は進んでいましたが、秀頼の出馬がなく流れが変わります。

そして大坂城内ではスパイの男が火をつけます。

大蔵卿はまんまと乗せられてしまいました。

 

戦の風向きが変わり、徳川勢が持ち直します。

思い起こせば信繁が大坂城に入城してから事あるごとに

仲間割れだったり信用されなかったり気をつかう所が

大きかったでしょう。

実際、信繁が残した最後の手紙にもそう書いてあります。

結局、家康を打ち取ることはできませんでしたが

最後は安居神社で自分の生涯に満足したように

自害しました。

 

ドラマでは、切腹という形で死んでいきました。

打ち取られる死よりも格好良く表現されていたように思います。

 

余談ですが、堀田作兵衛は天王寺で鉄砲で撃たれたのに、

次に出てきた時は大坂城で戦ってましたね。

歩いたんでしょうか?

どういう体をしているんでしょう?

旦那様と嫁はこの場面につっこみまくりました。

 

真っ赤(真田カラー)に染まった1年が終わりました。

旦那様はやる気をなくして色々なことに悪態をついています。

 

取りあえず、2週間前に受けた「真田検定」の結果を

心待ちにしています。

受かった自信はないようですが・・・

 

終わり

広告

 - 真田丸