好きな化粧下地 資生堂 デリエ

      2017/06/28

アレルギー持ちの肌事情

花粉の時期、アレルギー持ちの嫁の顔はボロボロになります。 ‎

アレルギーはつらいよ

一番ひどかったのは大学で県外に出た最初の年の春

かゆくて掻いていたら顔のいたるところが真っ赤に!

見るも無残な顔になってしまいました。

最初は何で春になると顔がかゆくなるのかわからなかったのですが、

3年目の頃にもしかして「花粉?」と思い当たりました。

花粉症は鼻と目だけじゃないのかも

くしゃみが増える時期に顔も一緒にかゆくなるので

やはり花粉によるアレルギー反応なのかなと思います。

一番出やすいのはあごの周りでした。あとは目の周り。

鼻の周りは鼻を頻繁にかむのでその摩擦で真っ赤になります。

30才過ぎたらアレルギーが落ち着いたのは以前にも

書きましたが、現在はそこまでアレルギーもなく肌にも影響は出てません。

化粧なんてできない

かゆくて赤くなっている顔に化粧をする気は起きません。

さらに悪化してしまいます。

化粧をせずに外出するときはマスクで顔を隠しています。

嫁はアレルギーが出ていない時期もあまり化粧はしていません。

肌が弱いのでこれ以上ダメージを与える化粧をしようという気が起きません。

嫁のお気に入りの下地

化粧の中で嫁の場合、下地がもっとも肌に影響します。

下地によっては乾燥したり、ひりひりしてしまうものもあります。

強めの日焼け止め兼化粧下地を長期間使っていると

すぐに乾燥してかさかさになります。

そんな嫁が唯一心を許している化粧品ブランドがあります。

それがこれ

資生堂のデリエです。下地はこれと決めてます。

嫁に合う商品であって他の方に合うかどうかはわかりませんので、ご了承下さい。

敏感肌用としては金額も良心的(2,000円くらい)なので

10年くらいリピートしまくってます。

これを使っている時に肌が乾燥したりひりひりすることはありません。

夏場はデリエの日焼け止めとアネッサの日焼け止めを使い分けてます。

デリエの日焼け止めも使い心地がいいです。

乳液もデリエです。

でも化粧水は無印良品(200mlで約600円)です。

デリエの化粧水も良心的な値段ですがそこまでは手が出せません。

心配なこと

ただこのデリエというブランド、最近はドラッグストアなどであまり見かけなくなりました。

8~10年前は敏感肌用コーナーによく置いてあったのですが・・・

ブランドがなくなりそうで怖いです。

 

パッケージがおしゃれでもないし、これと言って特徴があるわけでもない。

地味な感じなので、棚に置いてあってもあまり目立ちません。

でも中身はいいんです。

いい仕事してくれるんです。

嫁にはお守りのような存在なんです。

デリエ使っていれば安心という心の支えにもなってます。

少なくなってきたら必ず1本ストックをしています。

ブランドがなくなったらまた自分に合うのを見つけないといけません。憂鬱です。

資生堂さんデリエにもう少しスポットライトをあててあげて!

もっと宣伝してあげて!

 

終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

 - これよかったよ, 健康・美容