住民税の通知確認してますか ふるさと納税したのに税額が変わらなかった!

      2019/08/14

ふるさと納税やってますか?

2年前から始めたふるさと納税。

住民税の節税になります。

大変です! ふるさと納税したのに住民税が変わらない!

平成28年度の住民税通知書をもらった時に事件が起きました。

平成27年にふるさと納税を利用したのに

前年度と住民税額が変わっていなかったのです!

楽しみにしていた私は頭の中が疑問だらけ。

あんなに調べて実行したのに(´Д`)

何万円も寄付(ふるさと納税)したのに!

でも同じ時期にふるさと納税していた旦那様の通知書にはしっかり

「寄付金税額控除」の文字があります。

なんで~?と必死に考えていましたが、これはもう

役所に聞くしかわからないと思い、市役所の税担当課に電話しました。

確認してもらいました

市の担当課に電話して確認してもらいました。

すると確かに反映されていないということがわかり

無事に住民税の変更通知書が届きました。

原因は確定申告?

私は平成27年のふるさと納税を行う時に必ず

「ワンストップ特例制度」を選択していました。

これは確定申告しなくてもいい制度です。

しかし、その時は所得税分は確定申告しないと還ってこないと思っていて、

1月に税務署でふるさと納税(寄付金控除)の確定申告(還付申告)をしたのです。

実際は「ワンストップ特例制度」を利用すれば所得税分も含んだ住民税控除に

なるので確定申告する必要がなかったのです。

そのことに気が付いたのは平成28年の途中でした。

混乱させたのかな・・・

「ワンストップ特例制度」を利用しているのに

しなくていい確定申告をしてしまいました。

そのことに気が付いた時に

もしかしたら税務署や市の税担当課とのやりとりに

混乱を生じさせたのかもと思いました。

平成29年度は無事に反映された

平成28年も「ワンストップ特例制度」を選択して

ふるさと納税を行いました。

そしておとなしく確定申告せずに待っていました。

すると・・・

今年度は無事に1回目で寄付金控除できていました。

ところで税額控除額ってどうやって計算するの?

ふるさと納税の控除額は丸で囲んだ「税額控除額」に入っています。

でもここの額は「ふるさと納税(寄付金控除)」額だけではなく、

その他にも「調整控除」や「住宅借入金特別税額控除」などが入っています。

通知書裏面に税額の計算方法が載っていますが

わかり辛い・・・

人的控除額とか何?って思います。

素人には複雑過ぎて理解不能でした。

諦めてネットに頼ってしまいましょう。

ネットサーフィンをして見つけたこのサイト↓

住民税額をシミュレーション juuminzei.com

がとてもわかりやすかったです。

シュミレーションのシートに

給与収入や社会保険料そしてふるさと納税額などを入れていけば

「税額控除額」が自動で出てきます。

結果はふるさと納税した分(2,000円を超える分)がきちんと控除されていました!

ホッとひと安心です。

返礼品の見直しでどうなるか。

返礼品について色々と問題になっているようです。

総務省は換金性の高いものや返礼率が3割を超えるものは

返礼品から外すように通知しています。

3割を超えるものというのが注文する側にはわからないのですが、

今後、返礼品に魅力がなくなれば「ふるさと納税」自体が

利用されなくなるのではないか心配です。

 

終わり

広告

 - 夫婦のお金