家を買うか買わないかを考える

   

今のところ買う必要がない

住居は生活していく上で重要な問題です。

そして日本では結婚すると家を買うというパターンが多いように感じます。

嫁たちも結婚して数年すると「家買わないの?」という質問をされることが多くなりました。

家を買うという機会は一生に一度という方が多いと思います。

未来の生活設計や家族や親族にも関わる事なので一大決心が必要です。

 

我が家は家を借りて住んでいて、現在のところ購入しようとは考えていません。

一番の理由は「子どもがいないこと」です。

子どもがいたら子どもの成長や思い出作りのために購入していたかもしれません。

家賃補助・社宅制度

会社の福利厚生などで家賃補助があるところも多いかと思います。

社宅がある会社は家賃の自己負担が1万円などと破格の金額で借りられるケースもあります。

給料が増えない昨今、いかにお金を掛けずに生活するかが重要です。

高給取りでもなく、夫婦共働きでやっと少し余裕のある生活ができる

我が家の状況では「家でも買って一人前と見られたい」などという

気持ちには全くなりません。

お金がなくて家が買えないという状況ですが、知恵を絞って生活することが

好きという理由もあって、持ち家という選択肢は考えられません。

家に興味がないこともありますが・・・

仕事をしている限りはこれらの制度は最大限利用しようと思います。

地方は家賃がそこまで高くない

新築や駅に近い物件はもちろんいい金額ですが、

私たちの住む地域では家賃はそこまで高くありません

 

東京のように一人暮らしの1Rの部屋で10万円超えという金額を見て、

嫁の住む地域ではその金額で3LDKの駐車場付きの部屋に住めるのにと

しみじみと地域格差を憂いています。

賃貸は選択肢が多い

賃貸だと広い部屋、コンパクトで住みやすい部屋、

セキュリティがしっかりした部屋、

公園が近くにある部屋、通勤に便利な部屋など

家族構成や状況に応じて自分の好きな部屋を選ぶことができます。

住み替えできる気軽さ

生活状況が変わった場合に賃貸だと住み替えがしやすいです。

もし、事故にあって体が不自由になったら、仕事が変わったらなど

環境や状況の変化に対応できるように身軽にしておきたいと思います。

 

嫁は大雑把に住居に関するシュミレーションをしています。

定年まで無事に働くとして・・・

60歳または65歳までは家賃補助で賃貸

車が運転できるであろう65歳までは郊外の家賃の安い賃貸住宅に住む予定。

(数年間は介護で親と同居しないといけないかもしれません。)

定年後の車の運転や体がきつくなるであろう65歳~80歳までは

車を手放して、駅に近く、公的機関や病院などが集まる中心部に住む予定。

80歳以降はできれば老人ホームに入って生活。

そしてここではお金の面を考えていません。

日本が抱えている社会問題「少子高齢化・年金問題・介護者不足・空き家問題」を

考えると、何歳まで働くか不明なのと、年金制度がどうなるのかもわからないこと、

介護が必要になった時の資金、家の価格の下落など

お金がいくら必要かは今とは状況が変わってきそうで怖いです。

子どもに頼ることはできないので、

老後の生活は自力で何とかしないといけません。

とにかくお金(現金)を貯めておこうという考えです。

持ち家メリット

賃貸派の嫁ですが、持ち家のメリットは魅力的です。

・家に対する満足感や生活の満足度が全く違う

賃貸は他人の持ち物を借りているという状況です。

できるだけ汚さないように注意しています。

また敷金礼金をたくさん払ってがっかりしたり、

退去や入居時に納得できない部分も多いと思います。

持ち主や次に住む人のことを考えながら生活するので気を使います。

対して持ち家だと全て自分の管理と責任で

生活できるので、きっと生活の満足度も高いと思います。

・一戸建ての家は家族との思い出が作りやすい

賃貸だとマンションやアパートなどの集合住宅が多いと思います。

そうなると隣や下の階の住人に生活音など気を使いながらの生活になります。

一戸建ての場合は集合住宅ほど周りに気を使うことはありません。

家でパーティーしたり、走り回ったりしても常識の範囲内であれば

影響は少ないと思います。

また、庭がある家に住んでいる場合は大人はゆっくりと外でのびのびでき、

子どもたちも外で遊ぶことができます。また、バーベキューなども楽しめます。

周りを気にせず思いっきり遊んだり、楽しいイベントができたり

ペットを飼って楽しく過ごしたり、一戸建て持ち家の場合は

家族との思い出が作りやすいのかなと思います。

・インテリアや設備・内装を好きに変えられる

賃貸の場合は退去時に現状復帰が基本なので、

壁に穴をあけたり、色を塗ったりということができません。

また賃貸の場合、トイレやお風呂などは簡単に取り替えられませんが、

持ち家の場合は自分で好きに変えられます。

お金はかかりますが、自分の好きなように改装できるのは魅力です。

 

持ち家メリットはここに書いただけでは足りない程あります。

そして当然のことですが、賃貸・持ち家どちらもメリット・デメリットがあります。

 

よく雑誌などで「どちらがお得か?」という特集がありますが、

簡単に比較はできないのではないでしょうか。

持ち家でも賃貸でも住んでいる人が納得できればいいのでしょうね。

 

終わり

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

広告

 - 夫婦のお金