宮城・仙台・松島旅行

   

仙台・松島旅行に行ってきました。

2017年は伊達政宗生誕450年の記念の年らしく盛り上がる旦那様。

伊達政宗にはしゃぐ旦那様を冷めた横目で見ながら

グルメ情報を必死に検索し、旅行に付き合う嫁です。

飛行機使いました。

本当に伊達政宗で盛り上がってる様子。

仙台空港にずんだ茶寮の「ずんだシェイクを発見。

おいしい!これ絶対飲んでほしいです。

枝豆の味がしっかりしていて甘すぎないお味です。また飲みたい。

松島到着

ホテルに荷物を置き、早速松島を散策します。

歩いていると「げんぞう」というお店に「かき殻焼き」ののぼりが!

絶対食べるよね~。

大きめのカキです。いや~うまい。

かき好きにはたまりません。

こちらはホテルに戻る時に同じ店で食べた牛タン串焼き。

牛タンうまうま~(´Д`)

さあ、旦那様のために観光に戻りましょう。国宝瑞巌寺です。

伊達家の庇護の元、拡大したお寺です。

こんなところまで津波が来たんですね。

政宗が持ち帰ったとされる梅

宝物館には鬼瓦が。

円通院が近くにあります。

政宗の孫、光宗の菩提寺です。

旦那様の歴史欲を満たした後はまたグルメへ

「阿部蒲鉾店」で笹かまを食べました。

自分で焼いて食べるスタイルが楽しいです。

観瀾亭という建物です。桃山城を江戸に移築したものを

2代藩主忠宗が移したと言われています。

松島の景色がきれいに見えるロケーションで観月の場所だったようです。

この日はあいにくの雨で、残念。

抹茶とお菓子のセットを注文。

塩釜神社へ

塩釜神社です。政宗が整備したとされます。

敷地が広くて鳥居が立派でした。

長い階段があります。

お次は仙台城跡へ。

きれいな石垣が見どころ。

お城自体は今はありません。

ゴージャスお宿に宿泊

私たち夫婦の旅行と言えば安いホテルが定番なのですが、

今回の旅行ではちょっと贅沢しました。

と言っても代金は旦那様持ちです。旦那様のおすすめの宿です。

秋保(あきう)温泉の「佐勘」さんです。

今回は1泊約25,000円(一人)でした。

嫁たちがいつも泊まるのは一人5,000円程度のビジネスホテルなので

5倍近くしますね~。

入った瞬間、別世界です。趣あるインテリア。

ロビー内に鯉が泳ぐ池があります。びっくり( ゚Д゚)

温泉も入ってお楽しみの夕食です。

ダイニングレストランでいただきました。

先付:陸鹿尾菜(おかひじき)と鶏ささみ和え

御重:料理長お任せ4点盛

吸椀:あいなめの葛打ち(中央銀行総裁会議 公式晩餐料理)

お造り:漬け鮪・真鯛・白梶木(しろかじき)

焼肴:塩アワビとアスパラの磯辺揚げ(中央銀行総裁会議 公式晩餐料理)

お好み:嫁→ポークチョップ香草グリル焼き

旦那様→季節の天麩羅盛合せ

食事:手まり寿司 三食盛り(中央銀行総裁会議 公式晩餐料理)

止椀:蓴菜(じゅんさい)と鶉(うずら)玉子清汁

香の物:盛り合わせ

水菓子:葛きりと白玉あん 黒蜜掛け

大満足です。お腹いっぱ~い。

広告

ページ: 1 2

 - 仙台・伊達政宗