グレイテスト・ショーマン

   

歌と踊りのある映画が好き

母親の趣味で歌と踊りのある映画ばかりを小さい頃に見ていました。

サウンドオブミュージックとか何度見た(見せられた)ことか・・・

 

その影響で今でもミュージカル映画が好きでよく見ます。

 

嫁自身は歌も踊りも下手ですが、見るのはもっぱらノリのいい映画です。

 

嫁が映画に求めるのはストーリーか音楽かダンスのいずれかです。

これが全て揃っている映画はあまりないので、

どれか一つでも良ければある程度は満足できます。

グレイテスト・ショーマンを見てきた

というわけで「グレイテスト・ショーマン」見てきました。

歌やダンスがいいと前評判も良い映画です。

しかし、「LA・LA・LAND」は歌や踊りを期待して見にいったのに

ダンスも歌も思ったほど多くなくてがっかりした経験があるので

今回もあまり過剰な期待はしていませんでした。

歌と踊りが盛りだくさんで大満足

結果は

歌と踊りがこれでもかと盛り込まれていて大満足の映画でした。

ミュージカル映画の王道を行ってます。

ゴージャスなサーカスの様子や19世紀のアメリカの街の雰囲気など

映像も見応えがあります。

ヒュージャックマンはじめ出演者が全編に渡って歌い・踊る展開で

最初から最後まで全く飽きさせません。

ストーリーはわかりやすい

ストーリは『小さい頃に貧乏だった主人公が大人になり成功→

お金や名声を手に入れ周りが見えなくなり仲間や家族が

離れていってしまう→失意のどん底に落ちた主人公を

最後は仲間と家族が助けてくれる→人生で本当に大事なものに気づく』

という何ともわかりやすいものです。

アメリカっぽいな~。

ストーリーや人物描写はあまり深いものはありませんでした。

展開も早くてちょっと雑な印象を受けました。

 

しかし、そのような深くない内容(失礼)でも、映像や音楽などで

作り込んでいけば見ている人の心に残るように描けるんですね。

 

今回の映画はまずオープニングの歌やダンスでわくわくし、惹き込まれ、

中盤では不遇な育ち方をした主人公やサーカスの出演者たちが

サーカスで大成功して認められる場面で感動し、

終盤で主人公が大切なものに気づく過程でまたぐぐっと

惹き込まれます。

 

一つ一つのストーリーはありきたりでも

それぞれ場面に合った映像やテンポのいい歌や踊りを入れ

見ている者を飽きさせずに感動を与えていました。

 

エンディングに「最も崇高な芸術とは人を幸せにすること」という言葉

が出てきます。

この事を伝えたい映画だったのかと納得の最後でした。

 

主演のヒュージャックマン、トヨタのCMで好きになりましたが、

ますます好きになりました。

奥さんがすごく年上で大切にしてるとこや養子を育ててるとこも

女性から見るとすごく魅力的です。

 

終わり

 

広告

 - 感想と覚書