結婚式の引出物はカタログギフトでいいのか?

   

引出物がカタログギフトでいいか迷っている人へ

嫁の個人的な意見ですが、

「カタログギフトでいい」(ただし地域性や家族・親戚の意向は考えて)

です!

嫁の結婚式では食器を送りましたが今では後悔しています。

特に年上の方に対する引出物はカタログギフトが良かったのでは

と感じています。

深川製磁の皿が使える話

引出物は食器が多い

親にカタログギフトは心がこもっていないと言われ

結婚式ではお皿やカップなどを引出物として送ったのですが、

今考えると、カタログギフトにしておけば良かったと思っています。

 

引出物というと「食器」が多いのですが、実際に頂くいたものを見ると

趣味が違っていて自分が持っている食器とはテイストが合わないことが

多かったです。

年上の方は今までたくさんの結婚式に参加している場合、

食器の引出物はたくさんもらっているのではないでしょうか。

周りが見えず自己本位(自分の趣味の物)になってしまう

結婚式の準備は楽しいと思います。

輝く未来に向かってわくわくしながら準備しているはずです。

そんな状況だと周りが見えなくなるのです。

思い出すと当時の嫁は張り切ってものすごく真剣にみんなに

喜んでもらえるように食器を選んでいました。

展示されているお店まで足を運んで「これはあまり喜ばないかもしれない」

などといった自分本位な行動で取捨選択して頭を悩ませていました。

 

しかし、たくさんの人の好みにぴったり合う食器を選ぶことは

不可能なことです。

これまでいくつかの結婚式に参加していて感じたこと

友人や親戚の結婚式に参加して引出物を頂く立場になって

感じたことは・・・

「引出物で頂いた食器類は手放しているものが多い」

ということです。

幾つかの結婚式に参加して、頂いた食器類はほぼ手放しているのです。

今ある食器のテイストと違っていたり、ライフスタイルに合わなかったりして

結局長く使うことが難しいのです。

たぶん嫁たちが贈った食器も手放している人が多いと思います。

カタログギフトは相手を思いやるプレゼント

親に「心がこもっていない」と言われ「そういうものか」と

感じていたのですが、今ではそうは思いません。

持ち家や物を持つことが価値があると思われていた時代は

過ぎました。

ライフスタイルが多様になった昨今、みんなに同じものを送って

満足が得られるとは感じません。

ただ食器や自分で選んだものを贈りたいという気持ちはうれしい

頂く側として、この気持ちはとてもうれしいので否定しません。

結婚式自体が夫婦のお披露目の場なので

引出物もその夫婦の趣味を反映させていいと思います。

夫婦が一生懸命考えた引出物であれば何であれうれしいです。

食器など時間が経っても残るものは思い出も残りやすいです。

引出物を選ぶこと自体楽しいという人は自分で選んでもいいですし、

もし今カタログギフトでいいのか迷っているなら

遠慮せずにカタログギフトにしていいと感じています。

 

終わり

 

 

 

広告

 - 夫婦の整理整頓