小田宿から佐賀城下まで【長崎街道20】

      2018/10/21

肥前山口駅を出発です。

佐賀市方面へ進みます。

新宿という標識から脇道へ入ります。

広いバイパスに出ます。

カンカン石の表示がありました。寄ってみます。

石で打ち付けると本当に「カンカン」と

甲高い音がします。おもしろい!

カンカン石の場所から少し歩いて

横断歩道を渡って奥の細い道に入ります。

住宅街に入ります。

街道の表示があります。私たちは小倉方面に向かうので

矢印とは逆方向に進んでます。

小城羊羹(おぎようかん)が有名な小城市に入ります。

歩いていると羊羹屋さんが見えてきました。

「宿場ようかん」というお店です。

長崎街道にピッタリのネーミングです。

街道の案内板がありました。

国道34号へ出ます。

砥川小学校(とがわしょうがっこう)を通ります。

国道の横にはのどかな麦畑が広がっています。

佐賀は平地が多いなあ~。

歩きやすい。

真っすぐ進みます。

牛津町砥川新宿東の交差点

右の脇道に入ります。

砥川大橋を渡ります。

排水機場の横を通ります。

六間橋を渡ります。

わーい牛津駅に到着だあ。

牛津の観光名所である赤レンガ倉庫風の建物です。

中に入ってみました。

牛津ゆかりの産業を紹介する博物館が併設されています。

レトロな雰囲気。

小城羊羹

レバコール

駅の外には街道の絵もありました。

象が江戸に連れられて行く様子が描かれています。

やっぱり佐賀は歴史を大切にしていますね。

次のページへ続きます

広告

ページ: 1 2 3

 - 長崎街道